MENU

ゲップが臭い原因について

ゲップが臭いのを気にする女性

 

ゲップとは胃の中に溜まったガスや空気が、
食道や口腔内を通って、体外へ排出される生理現象のことです。

 

つまり、ゲップが臭いということは、
胃の中に臭いガスがあるということであり、
それはそのまま口臭の原因にもなるため、
周囲の人を不快にさせる要因にもなります。

 

どうしてゲップが臭いということになるんでしょうか?

 

1つの要因として考えられるのが、
胃腸等の消化器系の機能がなんらかの
原因で正常に機能していないことです。

 

例えば、生活習慣の乱れや、過度なストレス
等といった日常生活の中でも不具合も
そういった機能を低下させる原因となってしまいます。

 

そうなれば、食べたものの消化もままならずに
消化に時間のかかった食べかすがどんどん
胃の中で腐敗していき、その腐敗臭が胃の中に充満してしまうという自体が起こります。

 

そういった原因からゲップが臭いといったことにもつながりかねません。

 

他にもいくつかの病気がゲップが臭い
原因となる場合もあります。

 

代表的なのが逆流性食道炎です。

 

逆流性食道炎は、普段は逆流しないように
閉じられているはずの食道の噴門という部位(蓋のようなもの)
が開いて胃酸が逆流し、食道で炎症を起こす病気です。

 

ゲップの頻度も増えて、胸やけや胃もたれ、
吐き気等も伴い、さらに胃酸が逆流して上まで上がって
きてしまうため、ツンとした酸っぱい臭いのゲップになります。

 

他にも代表的なゲップが臭い原因となる
病気として、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガン等が挙げられます。

 

むしろゲップが臭いということは
こういった病気を知らせるシグナルとなる可能性も
あるため、前向きに捉えてもいいのかもしれません。

 

ちなみに胃の中で悪臭ガスが作られている場合、
ゲップのときだけでなく、血液を介して悪臭は全身を
循環してしまうため、汗腺から体臭として出たり、肺から
恒常的な口臭として出たりする可能性もあります。

 

ゲップが臭いということは要注意なんです!

 

このページの先頭へ